【体験談】アラフォーの緊急帝王切開~入院編~

ランキングに参加しています。ぽちっとお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ

 

前回のお話はこちら
過酷な状況でも育児スタート
それは言わないで

私は結局丸2週間入院していました。
入院期間中は、血圧がなかなか下がらず、いつ退院できるか定かじゃなかったのが一番つらかったです。
帝王切開の場合、通常はこのような流れで9日から10日ほどで退院できます。

  • 前日    入院
  • 当日    帝王切開・出産
  • 術後1日目 術後 尿の管を抜く 7分がゆの食事 
  • 術後2日目 妊婦食開始 体調がよければシャワー開始(防水テープを貼って)
  • 術後3日目 沐浴指導
  • 術後4日目 赤ちゃんの耳の検査
  • 術後5日目 赤ちゃんの黄疸・代謝検査
  • 術後6日目 
  • 術後7日目 退院後の生活について助産師から説明 退院診察
  • 術後8日目 退院
スポンサーリンク

貧血と下がらない血圧

結局、手術から2日ほどしてからの血液検査では、貧血がひどくフラフラで、術後1週間経っても血圧が160/90くらいで安定して全く下がる気配がありませんでした。

点滴は2日目くらいで抜いてもらって緩い血圧の薬を飲んでいましたが、緩いだけあって効果もゆるゆるだったようです。

朝1錠→朝晩2錠に増やしてもらいました。
それでも効果がなく、量を倍にしてもらい、少しづつだけど下がって来ました。

瀕死の中、赤ちゃんのお世話スタート

赤ちゃんとは母子同室が基本だったのですが、手術当日の夜は新生児室にあずかって貰い、翌日の夜もあずかって貰って、泣いたら連れて来てもらう形にしてもらいました。

母乳推進の病院だったので、3時間ごとの授乳の時はおっぱいを先に5分づつくわえさせて、それからミルクでした。

生後1日目は10ccづつくらいしかミルクを飲めなかったのが、1日経つごとに10ccづつ増えて行って最終的に退院するときには80cc飲めるまでに成長しました。

おっぱいは出ない

おっぱいは、最初当然出無くて、傷ばかり増えました。

うちの子大きいから吸う力もすごかったようです。

ただ、出産して5日目くらいの時、ちょっと熱っぽくなっておっぱいが張りだしました。

お風呂場で鏡で見てみたら、大きくなっててビックリ。

らいち
らいち

やった~!大きくなった!

もともと小さい方だったので喜んだんですが、次の日にはしぼんでいました。笑
(母乳を作るために一時的に張るようです)

助産師さんが蒸しタオルでのマッサージを教えてくれて、
「絶対出るようになるから」って言ってくれたのが嬉しかったです。

赤ちゃんが舐めても平気なオイル

病院から産後のセットを貰ってたんですが、その中に入ってたピアバーユを必死につけてました。

出産から1週間後くらいにやっと数滴にじむようになってきて、おっぱいをくわえさせてる時の息子が一瞬

「?!」

という顔をしました。
今でも忘れられません。笑

このまま頑張って出てくれると良いな~と思ってましたが、今から思えば出る人は2、3日目くらいから出てるのかも。
スタートがちょっと遅かったかもしれませんね。

産後のひどい言葉は忘れられない

GWだったので、夫は毎日来てくれるし、父母も最初の頃はほぼ毎日お見舞いに来てくれました。

が、逆に夜は授乳で眠れないのに、昼間も面会がきてくれてるので眠る暇がなく本当にしんどかったです。
特に父は初孫フィーバーがすごかったようで、仕事帰り来てくれるんだけど、こっちからしてみたら毎日来られるのはそれはそれでしんどかったです。😂

傷が痛む上貧血の中、頑張って授乳してるのに、
「出ないのに飲ませられて可哀想に」
と言われたりしてむかっとしました。

夫も、「安産の方だったね~」

とお気楽に言うし、私のどこをみて安産と言いきってるのか殴ってやろうかと思いました。
産後は神経も高ぶってるので、ひどいことを言われると忘れられません。

らいち
らいち

世の旦那様方。
産後1年くらいは気を付けて下さい!笑

睡眠不足と肉体的なダメージで落ちるメンタル

産後鬱
しんどい…

出産翌日くらいの時、急に不安な気持ちになり、涙が出て止まらなくなりました。

トイレさえ自力で行けなくて、洗濯も一人でできなくて、血圧も下がらずこのままの状態が続いたらどうしようと考えだし、将来もし年を取って病気になって、だれもお見舞いに来てくれなかったらどうしよう。

と先のことまで考えだして止まらなくなりました。

その上、子供が産まれたばかりで、この子をちゃんと育てられるのか、もし夫になにかあったら?

と不安がどんどん増していきました。

現実には、夫は毎日来てくれてるし、母も2日に1回くらいお世話しにきてくれたのに。
体調が悪くなると思考もマイナスになりがちのようです。
産後はホルモンバランスが崩れるというので、そのせいもあるのかもしれません。

総合病院での食事

病院の食事は結構おいしく、量もたくさんありました。
普段は小食なんだけど、お産した直後は自分でもびっくりするくらい食べられました。
他のお母さんたちもほとんど完食でした。
やっぱり産後はエネルギーを補おうとするのかも。

母乳推進の病院

今は、母乳を推進してる病院が多いので、うちの病院もそうだったのですが、お母さんたちも基本母乳を飲ませてる人が多いみたいでした。

ミルクの調乳は授乳室でやるのですが、完母にしようと頑張ってスケールで測ってる若いお母さんと時間的にバッティングする事が多く、私を見る目が心なしか怖かったです。

そんな周りの雰囲気に影響され、おっぱいが全然でない自分に徐々にコンプレックスを感じるようになりました。

産む前は、出なかったらミルクでもいいやって考えてたんですけどね。

長引く入院で取り残される感

だけど普通分娩の人は5日ほどで退院して行くので、私一人だけ取り残され、自分だけになっちゃったときは寂しかったです。
産まれた時点で巨大だった息子は、他の誰よりすごい存在感だし、新生児用のコットからずり落ちてるし(笑)

妊娠高血圧症候群は産んでもすぐにおさまらない

私の場合、産後2日目くらいからおしっこが大量に出て止まらなくなって、1時間おき位にでも尿意が来るので大変でした。

退院する直前まで出た尿をすべて溜めて、蛋白の総量を測ってたんですが、3リットルの容器が一晩でいっぱいになるくらい出ました。

自力で遠い方のトイレに行けるようになったら機械で測定しました。

普通はお産って病気じゃないから元気なお母さんが多く、それが普通なので、長いこと入院してるとなんだか居心地が悪く感じるようになってきました。

身体はまだしんどかったけど、退院許可が出ないか先生に連休明けに聞きました。
採血と、血圧が下がってるかを見てから許可が降り、退院できることになりました。

入院1週間後くらいには、

らいち
らいち

「ここを追い出されたら一人でどうやっていけばいいのか分からないから置いて下さい(>_<)」

って願いしてたくらいなのに、2週間経つころには

らいち
らいち

早く出してくれ〜❗️

と言ってましたw

退院の日は、夫と息子と3人で自宅へ一旦帰りました。
助産師さんたちには本当に忙しいところお世話になりました。

普通のお母さんならもっと何でも自分で出来るのに、私は車いすを使ってトイレに行ったりシャワーに連れて行ってもらったり、長い間新生児のお世話をしてもらったり。

本当に大変なお仕事だと思います。

もし今度産む機会があれば、血圧のコントロールをしながらならもうちょっと体調も万全で産めるかなと思いました。

まとめ

長くなりましたが、以上で私の出産・入院体験記は終わります。

今思い返してみても、感動的なものではなく本当に痛くて・しんどくて・辛かったです。

やっと念願のわが子に会えたのに、自分の体が瀕死だったので感動どころじゃなかったんです。

もし最後まで読んでくださってる方が居たらありがとうございました。

にほんブログ村に参加しています

ぽちっと応援よろしくね。

にほんブログ村 子育てブログへ

「すくすく母乳の泉」は、厚生労働省が推奨している、授乳中のお母さんにとって必要と考えられる栄養の量を詰め込んだ贅沢サプリです。

母乳の量や質も大事だから、西洋タンポポとラズベリーハーフ2つの伝統ハーブも配合!さらに!DHA、葉酸、乳酸菌も配合。


夕食食材宅配No1の【ヨシケイ】がお届けする1週間お試しキャンペーン!

赤ちゃんが居るご家庭では買い物もままなりませんよね。
食材を調理しやすい形で処理してから配達してくれる「ヨシケイ」はママの心強い味方です。


0歳6か月まで 子育て体験談 帝王切開体験談
スポンサーリンク
なつらいちをフォローする
ゆるふわ男子育児日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました