【体験談】妊娠高血圧症候群からの緊急帝王切開その1

ランキングに参加しています。ぽちっとお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ

 

ドキドキの出産体験

私は妊娠高血圧症候群で緊急帝王切開と予定帝王切開で出産しています。

今後、どなたかの参考になればと思い体験日記を公開します。

妊婦さん
妊娠高血圧症候群には気を付けよう
スポンサーリンク

予定日前日。

その日は両親に家に来てもらい、3人で焼き肉を食べに行きました。

次の日が健診なので、焼き肉を食べると陣痛が来ると言うジンクスを信じて…。

ところが、夜中、陣痛は来ないけど心臓の動悸がすごくて全く眠れません。

右を向いても左を向いても体がしんどい。

夜中3時ごろ、頭もガンガンするし、病院に連絡したほうがいいのか?

と思ったけど、翌朝には健診なので…と我慢しました。

いつもは朝一番で予約を取ってるんだけど、機械を使って赤ちゃんの動きを観察しないといけないので、11時からの予約となりました。

朝になってもすごくしんどい。

病院にひーひー言いながら行って尿を取って提出し、血圧を測ったところ、血圧が

167/97

と出ました。

看護師さんに申し出たところ、もう一度測るように言われ、次が

152/102

で、しばらく待つように言われました。

その後、助産師さんの部屋に呼ばれて計測をしました。

体重が一週間前と比べて3kgくらい増えてるし、むくみも蛋白もすごいです。

そう言えば、おしっこがほとんど出なくなっていました。

もう2週間くらいまともにおしっこが出てません。

しばらく待って、診察室に呼ばれました。

ドクター
ドクター

「血圧がすごく上がってるので、昔で言う妊娠中毒症になっています。」

「これから出産しましょう」

ドクター
ドクター

「なるべく早く赤ちゃんを外に出した方が良い。

促進剤を使って、これから出産しましょう。」

と先生に言われました。

私も体がとてもしんどかったので、「はい」と答え、

陣痛促進剤を使ったり、もしかしたら帝王切開になるかもしれないので、

その重要事項の説明を受け、外で待ちました。

看護師さんが、車いすを持ってきてくれて、いきなりLDRに通されました。

らいち
らいち

「えっ!?」

らいちらいち
 

車いす?!
そんなおおげさな!
      

と思ったけど、事態はけっこう深刻だったのかも。

看護師さんが、出産と帝王切開の同意書、入院の申込書と、

出産する時の手術着みたいなものを持ってきてくれました。

入院の荷物なんかも家に置いたままだったので、夫と母に連絡しました。

夫は昼からかけつけてくれました。

もしかしたら帝王切開になるかもしれないので、家族の同意が必要でした。

そのあと慌ただしく点滴の処置を受けて、血圧計と酸素濃度を測る機械が体につけられました。

血圧を下げる点滴もはじまりました。

まずは、陣痛促進剤を使って自然分娩を促すことになりました。

13時から点滴で促進剤を体に入れて行きました。

血圧が高いと、光が刺激になってけいれんの症状がでるといけないからと、カーテンは締切られました。

最初は生理痛のような痛みが規則的にあるような、ないような感じで、普通に話したりできてました。

途中、夫は昼ごはんを食べてなかったのもあり、母が夫に

「一旦家に帰って休憩してきたら?」

と家に帰しました。

段々点滴の量が増えてくるにつれて、痛みがきつくなってきて話すどころじゃなくなってきました。

痛いのが1分くらいあって、しばらく休み…。(10分~15分くらい休み?)

また痛い…みたいな感じです。

この時の痛みを表現すると、骨が割れるような痛みでした。

多分骨盤の中が広がって赤ちゃんが通れるようになってるんだと思いますが、

その広がる痛みが骨が折れるか割れるような痛みでした。

私、昔から子宮内膜症で内臓が癒着してるみたいで、おそらくそのせいでものすごく痛かったんですね。

私的にはそれでも十分痛いんだけど、先生から言わせるとまだまだ序の口だったそうです。

産まれる寸前はどんだけ痛いんだ?!

つづきはこちら

にほんブログ村に参加しています

ぽちっと応援よろしくね。

にほんブログ村 子育てブログへ

「すくすく母乳の泉」は、厚生労働省が推奨している、授乳中のお母さんにとって必要と考えられる栄養の量を詰め込んだ贅沢サプリです。

母乳の量や質も大事だから、西洋タンポポとラズベリーハーフ2つの伝統ハーブも配合!さらに!DHA、葉酸、乳酸菌も配合。


夕食食材宅配No1の【ヨシケイ】がお届けする1週間お試しキャンペーン!

赤ちゃんが居るご家庭では買い物もままなりませんよね。
食材を調理しやすい形で処理してから配達してくれる「ヨシケイ」はママの心強い味方です。


帝王切開体験談
スポンサーリンク
なつらいちをフォローする
ゆるふわ男子育児日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました