[体験談]生後7か月、鼻涙管閉塞症の治療をしました

ランキングに参加しています。ぽちっとお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ

 

うちの長男は、産まれたときから右目の涙の抜ける穴が詰まっていました。
先天性鼻涙管閉塞症 というやつです。

スポンサーリンク

この記事は、長男が鼻涙管閉塞症で、ブジーしたら完治したというお話です。

鼻涙管閉塞症とは、目と鼻をつなぐ鼻涙管(びるいかん。泣くと鼻水が出るのは、涙が鼻涙管を伝い落ちて鼻から出るため)が何らかの原因で狭くなったりふさがったりして涙が目にたまってしまう病気で、涙が流れるのが止まらなくなる。特に先天的に鼻涙管が変形していたり、管の中に何かが詰まっていたりして閉塞している場合を先天性鼻涙管閉塞症と呼び、生後間もない新生児に見られる。呼吸によって閉塞している部位が開いたり、涙液分泌が活発化したりすることで症状が落ち着き、12ヵ月以内には高い確率で自然治癒するといわれている。

https://doctorsfile.jp/medication/331/

一か月健診の時に聞いたら、

ドクター
ドクター

ほっといても大丈夫。大きくなったら治る。
目が赤く充血してきたりしない限り様子を見てください。

とのことだったので、様子をずっと見てましたが全然治りませんでした。

鼻涙管閉塞症
鼻涙管閉塞症でめやにがすごい

そしてついにめやにで目が開かないくらいまでになってしまいました。
たまに目頭をマッサージしてたんだけど、膜がなかなか破れないみたい。

こんな小さい(年の割には大きいんだけど)赤ちゃんの目頭に針金を刺して通すなんて想像するだけで可哀想で痛そう!!!

でも…1歳になっても治らなかったらどうしよう。
自然に治ってほしいけど、でも早く開通させないと1歳になったら暴れて余計大変だとも聞きます。

まずは近所の眼科へ行く

意を決して眼科に行くことにしました。

問診票に、
『産まれたときから眼やにが多くて、最近特にひどくなったので来院した(鼻涙管閉塞?)』

と書いたところ、先生に総合病院を紹介されました。

生まれつきの鼻涙管閉塞なら、針金を通してみて通じさせないとダメとの事で、ここでは治療できないから専門の病院へ行ってくださいとのことです。

らいち
らいち

ひぃ~~。やっぱり針がねコースですか!!?

総合病院の小児眼科は混んでいる

小児眼科は結構混んでるみたいで、初診が1か月後になりました。
それまでに治ってくれると良いんだけど無理かもなぁ。

もし、針金で治療することになったら、うちの子もう9kg超えてるので、身体を毛布でぐるぐる巻きにして固定する治療はもう無理かも。(力が強すぎて)

全身麻酔になるかも…。と心配していました。

1か月後、総合病院を受診した

長男生後7か月の時、紹介された総合病院の小児眼科へ行ってきました。

まず、検査室で看護師さんに黄色い蛍光液のようなものをクラビット目薬にちょっとつけて、下まぶたに入れてもらい、15分ほど外で待ちました。

普通なら、涙の出口から鼻へ抜けて行くのだけど、暗い部屋で見たら右目だけやっぱり溜まったままでした。
(この液、服に付くと取れないので注意)
先生に、先天性鼻涙管閉塞についてと、ブジーの説明を簡単にしてもらいました。

涙は涙腺から出て、目の表面を覆った後、目頭にある上下の涙点から涙小管→涙嚢→鼻涙管を通って、鼻腔に排出されます。

先天性鼻涙管閉塞では、鼻涙管の下端がつまっていることが多く、涙嚢の中に古い涙がたまるため、ここに細菌が繁殖して、涙点から逆流し涙といっしょに眼やにとして出てきます。

治療は、ブジーという細い金属の線を涙点から鼻腔まで挿入し、つまった部分を開放します。

ブジーは、生後12カ月までは外来で点眼麻酔だけを使って行うことができますが、それ以上年齢が大きくなると、全身麻酔が必要になるので、入院して治療します。

総合病院でもらった説明書による

1歳を超えたら全身麻酔とありますが、うちの子、体重が10kgもあるので、大丈夫ですか?

と聞いたら、

ドクター
ドクター

なんとかやってみます

とのことでした。

らいち
らいち

ほんとに大丈夫かしら?

処置開始

息子だけ部屋に残されて、毛布とかバスタオルでぐるぐる巻きにされて処置を受けました。
外で待ってる間に、他の赤ちゃんの泣き声がするものの、うちの子の声は聞こえないね~。
と夫と話してるうちに終わり診察室に呼ばれました。

すごく泣き叫ぶと聞いてたのでドキドキしてたんですが、処置室の扉が厚かったのかあんまり聞こえませんでした。

処置が終わった息子は、右の目頭がちょっと腫れてるようだったけど、無事開通したとのこと。
1日5回点眼薬とマッサージを続けて、一週間後に最初に通った病院で診てもらってくださいとのことでした。

無事終わって安心しました。完治していますように!!

処置から一週間後、経過観察

ブジーをしてもらってから7日目。
近所の眼科に経過観察に行ってきました。

鼻涙管閉塞症治療後
めやにが出なくなりました。

先週ブジーをしてもらったこと、こちらで診てもらうように言われたことを伝えて、暗い部屋で息子の目に光を当ててみてもらいました。

また色のついた目薬を入れて確認するのかと思ったんですが、しませんでした。

でも、涙ももうたまってないし、手術後の経過の話をしても大丈夫そうだったので、引き続き1日5回目薬とマッサージを続けて、また3週間後に診察して完治ということになりました。

ブジー自体も、最初に調べたり聞いたりしてたよりあっさり終わったし、その後もケロッとしていたので、怖がるほどの事も無いのかもしれません。

まとめ

これからもしかしたらブジー処置をしないといけないかもしれない読者さんがいたら参考になるかな?でも、できたら自然に治るといいですね。

にほんブログ村に参加しています

ぽちっと応援よろしくね。

にほんブログ村 子育てブログへ

夕食食材宅配No1の【ヨシケイ】がお届けする1週間お試しキャンペーン!

赤ちゃんが居るご家庭では買い物もままなりませんよね。
食材を調理しやすい形で処理してから配達してくれる「ヨシケイ」はママの心強い味方です。


こどもちゃれんじ

乳幼児向け幼児教育教材です。我が家も0歳児のこどもちゃれんじベビーから受講しています。

子育てに関する情報 子育て体験談
スポンサーリンク
なつらいちをフォローする
ゆるふわ男子育児日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました